植栽見てきました


このところは、朝晩ずいぶん涼しくなってきました。

これくらいの陽気になれば、植栽もそろそろできそうです。

ここ数年、宇都宮(だけではないでしょうが)では、9月中の植栽は到底無理な状態でした。
朝あげた水が、すぐにお湯に変わってしまうような地面の温度ですから、植えたばかりの木々の根にはちょっときつい感じでした。
水を吸うというより、茹でられている状態ですので。

夏場に施工させていただいたお客様宅に植える木や、今後使うであろう木々をチェックしに清原の圃場(木の畑みたいなところ)に行ってきました。

私自身は、アオハダやシャラなど、山の風を感じるような木が好きなので、それらの木や下草をチェックして回ることが多いです。

・たとえばアオハダ
aohada


シンボルツリーを選ぶ際には、自宅の写真をデジカメに撮っておいて、それを見ながら選ぶと良いと思います。

あと、購入の仕方としていきなりインターネットで木を買うことはお勧めしません。
少なくとも、ホームセンターや木を売っている園芸店で一度は実際の木を見て回ることをお勧めします。

実際に見れば、本や雑誌では得られない雰囲気や質感といった情報が得られますので、それから買っても遅くはないでしょう。木も生き物ですから、できれば大切に購入してあげてください。

・お客様からのご要望のソヨゴ
soyogo(osumesu)

このソヨゴは雄株と雌株の寄せ株なので、実が良くなります。
ソヨゴはオスは実がなりませんが、葉がきれいです。逆にメスは葉の色は少し薄いですが、赤い実がなってきれいです。

こうした、樹形のきれいな木の株元に低木や草花をセットで植えてあげると、一気にボリュームが出てきれいです。

・山吹やギボウシなど
yamabuki

gibousi

teiboku

ちょっとの時間でしたが、緑の中を歩くとホント気持ちいいです。
この気持ちよさをお庭で再現したいです。

  • 一覧に戻る
↑TOP

お問い合わせ

もっと詳しく知りたい方、相談のある方はこちらへ。

  • TEL:028-616-8720
  • メールでのお問い合わせ