和の植栽から洋の植栽へ(激変)Σ(‘◇’*)エェッ!?

先日、前々からお願いされていた植栽を入れました。ずいぶんお待たせした感がありますが、今が宇都宮地区では植栽にはベストの時期ですので。

今回入れたのは、アオハダとソヨゴです。

以前のお庭では玉造の木がどーんと存在感があり、家の外観とのマッチングが良くなかったですが、今回はサワサワとした高原の木をイメージさせるアオハダを入れました。

これにより、お庭全体が軽やかになった感じがしますね。
ついでにシャラやキンモクセイの枝も間引いて、自然樹形に戻すようにしています。

・着工前の植栽状況
2-1



・アオハダと剪定したシャラ
R0011310

おそらくお客さんも思い出せないほどに以前のお庭とは印象が違うと思います。


一緒に入れたソヨゴは雄雌同株ですので実もなりますし、常緑ですので目隠しにもなります。
ソヨゴは少し値段は高めの木ですが、やはり1本あると便利ですね。

R0011309

植栽の際には、株元に低木や中木も一緒に植えると雰囲気がでます。
今回は、ミツマタとナンテンを植えました。

狙ったわけではないのですが、どちらも縁起の良い木ですね。

低木や中木を選ぶ際は花で選ぶより、葉の形で選ぶほうが失敗が少ないですよ。
花の時期より、葉を見ている時間のほうが長いですから。

  • 一覧に戻る
↑TOP

お問い合わせ

もっと詳しく知りたい方、相談のある方はこちらへ。

  • TEL:028-616-8720
  • メールでのお問い合わせ