ブログ

がっちり土木の仕事です (・∀・)

2013年7月29日

先週から着工になりましたA邸。
宅地分譲時の宅盤の高さの関係で、土木的な要素のある工事になりました。

・着工前
2














この部分に階段やスロープをつくるために、きちんとした土留めをしなくてはいけません。

この土留め(擁壁工事)は一般的な外構工事と違い、きちんと土木の仕事が分かっているものが行わないと、後々とんでもないことになります。
壁が崩れて、お庭が崩壊するなんてこともありえます。

実際、他社の見積もりではコンクリートブロックによる擁壁だったようです。(゚∇゚ ;)エッ!?
私なら(土木の知識のあるものなら)怖くて住めません。

まぁ、7~8年でブロック目地にひびが入るでしょうね。

・土留めできました
PICT4763
















やはり土留めはこうでなくてはいけません。

土地を分譲した不動産屋さんも宅地の許可がおりるようにL型擁壁とよばれる製品を使っているわけですから、難しく考えず、「ちゃんとした土木工事」をすればいいだけなんですが・・・

実際はこんなに土量のでる仕事なので、外構だけを行う業者さんだと、しり込みしてしまうのかも知れませんね。

・掘削状況
PICT4691
















掘削した土の上(地面から1.0m)にバックホウが乗っています。

・基礎コンクリート
PICT4693

















これから駐車場やカーポート、階段工事などが始まります。

8月はこのほかに、あと2件。

お客さんの喜ぶ顔が見られるようにがんばります。















夏にぴったり ヤシの木が揺れるお庭 .。゚+.(・∀・)゚+.゚

2013年7月19日

先日お引渡しをしたS邸、植栽が入っていたので写真撮影です。( ̄ー ̄)ニヤリッ

なかなかヤシの木を植えるお庭造りに携わる機会もないので、本当にいい経験になりました。

お庭のデザインの手法や施工方法自体は、いつも通りオーソドックスな手法で進めました。

あくまでも「機能性のある」デザインです。

今回は機能性としては「目隠し」の要素です。これを南国風の植栽とマッチさせるデザインを心がけました。

・まずは着工前
DSC00080















・完成 (o^∇^o)ノ

DSC00295















着工前とほぼ同じ角度で撮影していますが、雰囲気もかなり激変していますし、目隠し機能もばっちりですね。

・内側はオープンスペースです
DSC00293















アーチをくぐり、緩やかな曲線のアプローチを歩いていく先にテラスを設けました。

ここではお子さんをプールに入れたり、バーベキューをしたりできるかと思います。

この夏休み、家族皆さんで南国気分満開で楽しんでいただければと思います。



H邸、植栽入れてきました。 (⌒-⌒)

2013年7月6日

外構工事自体は完成していたH邸ですが、追加でいただいた植栽工事を先日行ってきました。

ようやく構造物と家の空間がなじんだ感じがします。

・植栽前
1















・アオダモ入れました
2















・着工前こんな感じだったのが
5

















・外構工事でこんなに明るくなりました。
4















・枕木の後ろには常緑の定番、ソヨゴです。
6















・お庭の奥にはジューンベリー
8















ジューンベリーの手前の敷石は再利用です。

お客様が植えた草花が大きくなって、花壇内が緑で埋めつくされれば、うっとりするようなお庭になりそうです。

あとは手間のかからない宿根草を中心に気長に楽しんでいただければと思います。

宇都宮美術館 ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

2013年7月4日

先日、お客様との初回打合せの中で、お庭のイメージは「森の中の美術館」という言葉があって、なんだか久しぶりに行ってみたくなりました。

あいにく雨模様でしたので、ちょっと写真は暗いのですが、やっぱりいいところですね。

R0013239

















この階段、駐車場から美術館に向かっていく園路を歩き始めてすぐ右側にあるのですが、ほとんど誰も上がっていかない階段です。

この緩やかなカーブと奥の木々に隠れていく感じは、本当によくできた設計だと思うのですが、分かる人にしかわからないかも知れません。

おそらくこの土地の傾斜も「元からあったように」ランドスケープされたのだと思います。

石段は「芦野石」を使用したものでしょう。
栃木県の那須地方で取れる石ですね。

ライトを隠した行灯は大谷石で製作されていて、栃木県の石で構成されています。

R0013247

















美術館に行くと、こんな敷石があるのをご存知の方もいるかと思いますが、よーーーーーく見てください。

スリットに植栽のない部分が通路っぽく見えますよね。

これもきちんと計算されたデザイン(のハズ)です。

以前のブログでも書きましたが、良いデザインにはきちんと「機能性」がありますし、それを見た人が「なるほどぉ」と思える設計意図が読み取れます。

こんな小難しいことを、お客さん全員に考えて欲しいとはまったく思いませんが、こんなことを考えながらデザインする人(私ですが・・・)に設計を頼むのか もしくは 「なんとなくこの曲線かわいいじゃん!」みたいなのりでデザインする人に頼むのかは、お客様次第です。( ゚∀゚)アハハ八八

まぁ、何をいっても「つくったもの」で決まるんで、絵だけ描いてもしようがないので、現場行って仕上がり確認してきます。

S邸完成しました .。゚+.(・∀・)゚+.゚

2013年7月3日

はやくも7月ですね。

今年も半分過ぎて落ち着くかと思いきや・・・
かなりバタバタと忙しく、がんばっております。

今年は今まで施工させていただいたお客様からの紹介も結構あるため、施工件数も今までで最高な感じです。
本当にお客様には恵まれておりまして、感謝です。

そんなバタバタしていた6月でしたが、お庭を1件施工いたしました。

南国風のお庭をご希望のお客様で、「ヤシの木」を植栽するプランニングです。

まずは着工前

DSC00080















これがこんな風に変わります。 w(゚o゚)w オオー!

R0013257

















R0013256

















芝を張りやすくするために砂で下地を作っています。

あとは植栽を入れればグッと雰囲気が変わります。

写真のような青空の似合うお庭になりそうです。

↑TOP

お問い合わせ

もっと詳しく知りたい方、相談のある方はこちらへ。

  • TEL:028-616-8720
  • メールでのお問い合わせ