ブログ

コッツウォルドストーン

2014年10月30日

S邸のフォーカルポイントとなる円形花壇はコッツウォルドの平石で作っていきます。
(ハニーストーンとも呼ばれていますね。)

R0014366

















積み上がりはこんな感じでしたが、私的には納得のいかない仕上がりでしたので
(数分後)

R0014373

















壊してやり直しです。

作業員に私のイメージがきちんと伝わっていなかった(というか気になる人にしかわからないレベルの手直しです)ということなので、申し訳ない気もするのですが、あとあと直しておけばよかったなと後悔したくないので、やり直すことにしました。

近所の方なのでしょうか?
「なんで壊しちゃったの?」と・・・
散歩がてらに質問されたり。

結構みなさん見てますね。( ̄▽ ̄;)

「このあたりにはあんまりない、凝った庭だね。」みたいなことも言ってくれてましたので、嬉しかったですね。


気に入ったお庭を持つと、こんな風に大切にされてお庭も育っていきます。

R0014362

















すべての植栽がうまく良くとは限りませんが、トライ&エラーで楽しみながらお庭造りをしていただければと思います。

S邸始まりました*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

2014年10月26日

建築着工時からお問い合わせいただいていた、宇都宮市のS邸着工しました。
今回はダイワハウスさんのお宅です。

いつも通り、提案図は手描きです。
どうもCADより雰囲気が伝えやすくて、自由な発想でお庭を考えられるので。

第1案
最初に思いついた案です。
ラフ(円形)






















第2案
ちょっとこだわりの石積みで提案しました。
ラフ(石積み)























第2案はいつかやってみたい石積みで提案してみましたがあえなくボツに・・・
めげずに、また次に提案できそうなお客様にトライしてみます。

・着工前
DSC00098


















・1日目は掘削作業を中心に
R0014342




















・2日目で激変
このあたりでお客さんが仕事の速さにびっくりします。
DSC00107


















かなりお庭の形が分かるようになりました。
第一案の絵の雰囲気がもう分かります。

階段の段数を1段減らしたり埋設物を移動したり、実際には現地合わせの作業が多いのですが、デザインをしている私自身が現場に立ち会いますので、決断も早く(もちろんお庭の雰囲気もこわさず)作業が進んでいきます。

・3日目
すでに仕上げ材も搬入

テラスも自然石で仕上げますが、こんなところに職人の手作業を感じます。
「こんな細かいことして」という方(会社さん)もいますが、こういう細部の仕上げがお庭全体のレベルを上げてくれるのだと思っています。

汚水桝の蓋の部分を円形で切り込み。
この自然石は硬いので、職人も大変ですが、納得の仕上がりです。
DSC00111


















これからどんどん仕上げ材が入ってきます。

お楽しみに。

H邸、完成です。(o^∇^o)ノ

2014年10月1日

構造物自体はすでに完成していたH邸ですが、ようやく植栽しました。

このところ一気に涼しくなりましたので、今が植栽のチャンスです。

木にとってはもう少し寒くなって葉を落としてからのほうが良いのだと思いますが、そうすると木の向きや角度、植込み時の剪定が難しいので、このくらいの気温の時が植え込みには適していると思います。

最近出番の多いアオハダです。

DSC00081







































今回はセキスイハイムさんのお家です。

外壁の色にぴったりですね。

道路側から見るとこんな感じです。

DSC00075

















レンガ角柱に照明と表札(真鍮製)。
その角柱に隠れるように銅製のポストを配置しています。

玄関脇にアオハダを中心とした植栽スペースを設けました。
ここには芝をうえて、緑で明るくし、そこに草花が入ると素敵ですね。

リビング前の植栽スペースには、年間通じて緑を楽しめるように常緑のソヨゴを植えました。

DSC00062








































こちらのソヨゴも葉数が半分になるくらい剪定を行っています。

DSC00064


















なかなか太い枝をお客さん自身が切ることは(躊躇してしまって)ないでしょうから、最初に形を整えてあげています。


最初のラフスケッチから、ほぼそのままに進めさせていただいたお庭です。

羽鳥邸パース
















これからどんどん楽しんでいただけたらと思います。

DSC00074









↑TOP

お問い合わせ

もっと詳しく知りたい方、相談のある方はこちらへ。

  • TEL:028-616-8720
  • メールでのお問い合わせ