ブログ

本年もお世話になりました

2017年12月31日

4月以降、まったくブログ更新してませんでした。

夏場の間にも数件、お庭工事させていただきました。

ただ、もう一つの仕事である公共事業が忙しく、なかなか更新できなかったのが実情です。
お庭工事はお客さんに喜んでいただける素敵な仕事ですので、気持ちとしてはこちらに重点を置いて仕事ができるようにしたいところですが、社員の生活や公共事業の得意先も大切ですので。

しかし本当に人手不足、特に若い子はどこに行ってしまったんでしょうか?

と、ぼやいたところで始まりませんので、来年はもう少しお庭工事で頑張りたいと思います。

今年施工したお庭の写真を何枚か・・・

・K邸
こちらの案件は、お庭工事というか、もはやランドスケープです。
がっつりくぼんだ土地をなだらかな丘陵にして、丘の上にぽつんと建つ平屋というイメージにしました。
私の大好きな平屋ですので、お庭の出来上がりも満足です。
以前、施工させていただいたハウスメーカーさんのお宅に建物を見に行った際、私のところでお庭の施工を頼んだことを聞いて依頼してくださったそうです。

着工前(家の前がくぼんでいます。タイルカーペットのへこみ具合で分かると思います)
RIMG1680




















がっつり大型ダンプで土を搬入
RIMG2193




















均すと、こんな感じです。
RIMG2213




















でお客さん自身による芝張り(感動するレベルできれいな芝でした)
DSC01099


















DSC01095


















ワンちゃんのシャワー場
DSC01093


















駐車場とエントランス
DSC01060

















DSC01083


















ワンちゃんも幸せ者です。

・W邸
お庭のリフォームです。
ちょっとした変更でこうも変わるのです。
生活(気持ち)がすこし豊かになったと感じてもらえればうれしいです。

着工前
RIMG1852




















完成
DSC01019


















来年まで、あと15分!

来年もよろしくお願いいたします。









芝張りを2件ほど

2017年4月23日

芝張りには最高の季節になりました。


昨年施工させていただいたM邸とT邸の芝張りをしてきました。


M邸
DSC00978



















逆光ですね。
お庭全体が明るくなりました。

DSC00983


















右側に見えるのは木製の物置です。
DSC00987

















壁のねじれなどを「人力」で補正しながらの組み立てです。
なかなかDIYでは難しそうですね。

もう1件、T邸の芝張りです。
駐車場を1台分増やして、植栽レイアウトを変更しました。
すっきり仕上がりました。

・着工前
雑然と植栽され、ただ木が多いだけで手入れが大変でした。
着工前




















・完成(芝張り後)
DSC00973


















必要な木のみで植栽し直しました。
機能門柱前に枕木製の花台を作り、後ろ側には新規でヒメシャラを植えました。

枕木の下は茶色の砂利を敷くことでドライな状態にしています。
(草むしりも楽です)

これから芝張りを行うお宅も多いと思います。
根がつくまでの1か月間、がんばって水やりしてください。

芝は手入れが大変と、敬遠する方が多いですが、これほど安価に、これほど目を楽しませてくれる舗装材はほかにはありません。
むしろ、芝を張らないで草をむしるほうがよっぽど大変です。

春先に草むしりがんばると、夏の暑い時期にあまり雑草が出てこないので、今のうちですよ!












G邸アプローチ

2017年2月12日

G邸のアプローチ、ようやく仕上がりました。

基本的にはリンクストーンで仕上げているのですが、レンガとリンクストーンの間にガラス砂利を敷き詰めています。

RIMG1432

















これは左右の芝の間にクリークがあるイメージです。

これが夜になると、こうなります。
IMG_0880






























この写真はお客様から送っていただいたものですが、やっと良い感じになりました。

意外とLEDチューブライトは眩しくて、光度の調整が難しかったのですがお客さんにも喜んでいただけました。

今年はなんとかホームページのリニューアルを行いたいです。
もう原案はできていて、制作会社さんにも作っていただいているところです。

お楽しみに。

本年もありがとうございました

2016年12月31日

今年もいよいよ大晦日。
今年もたくさんのお客様のお庭仕事をさせていただき、本当に感謝です。

この仕事、お客様に喜んでいただけるのが本当にうれしいですし、「やってて良かったなぁ」と実感します。

年末にM邸とT邸を芝張り前の状態まで仕上げました。

M邸
着工前
RIMG1068

















プランニング
牧田邸














現状(芝張り前)
ほぼイメージ通りですね。
RIMG1193













表札など
RIMG1196













ライトがつくとかわいいです。


T邸はお庭のリフォームです。
もとあった木を移動・剪定し、機能門柱前に枕木製の花台を制作しました。

T邸
着工前は植栽面積が大きく、木が密集しているため雑草取り、木のメンテナンスがしにくい状態でした。
DSCF2778p2

















駐車場を1台分増やし、木を移動。
必要のない木を減らし、使える木だけを移植して剪定。
RIMG1176













枕木製花台を設置し、機能門柱前にアクセント
RIMG1178













なんとか年内に納まりました。

来年はホームページを更新して、もっと多くの方に幸せなお庭を提供したいと思います。

本年もありがとうございました。

ガーデンリブロ 本橋正輝

G邸、掘削から

2016年11月16日

今回施工中のG邸は、お庭面積のほぼすべてが構造物(人工のもの)で覆われます。

本当にメンテナンスフリーなお庭です。

つまりすべての面積掘削作業となるわけですね。

南側も掘削後→砕石→人工芝(プログリーンさん施工)
RIMG0914

















IMG_0563






























東側は駐車場&カーポート
IMG_0365

















北側も駐車場&カーポートです。
IMG_0370






























IMG_0460






























西側は防草シート&6号砕石
IMG_0569

















向かって左側がゴルフ練習場(立ち位置)ですね。
右側がグリーンです。

その間が玄関へのアプローチとなりますが、ここはクリークのイメージを出すために
青色のクリスタルホビーを一部敷くことになります。

そこにちょっとした仕掛けをするわけですが。

写真を撮ったらご紹介します。

お楽しみに。




秋ですね

2016年11月16日

もう秋というか、初冬というか。


春から一年楽しませてくれた家の木も

DSC00941


































すっかり紅葉しました。

昨年、カミキリムシの幼虫を駆除したので今年はあまり樹もいたまず健康でした。
夏場は一度しか剪定しませんでしたが、良い形を維持してくれて楽しませてくれました。

ほんと、庭の木々には感謝ですね。

G邸、着々と進んでいます

2016年11月15日

思い起こせば、昨年の8月にご相談いただいてから早一年。

なかなかの難易度のプランニングがようやく形になってまいりました、G邸です。

一般的には家の後ろ側や側面はバックヤードとなりますが、そこに駐車場(ガレージ風)を作り、主庭はゴルフ練習場(人工芝)という、機能満載の外構工事です。

単に機能を詰め込むだけでなく、それをデザインとしてまとめ上げる(しかも土木的に破綻なく)という難しさがありますので、「なんとなくこんな感じで~」という風に仕事をする外構屋さんでは設計段階でギブアップかと思います。

G邸(案内用)















最終パースです。
左奥は電動スライドドア(エススライド)ですね。

目隠しフェンスは同じ意匠のジオーナを使用しました。

家に隠れていますが、左奥と右奥にカーポート屋根が少し描かれているのが分かりますでしょうか?

工事の様子はまた明日以降にご紹介します。

お楽しみに。

植栽してきました

2016年11月15日

夏にほぼ完成していたK邸。
ようやく植栽してきました。

大型のジューンベリーを植木屋さんに見つけてもらったのですが、暑い時期には動かせないので、落葉の始まったこの季節にようやく植えることができました。

RIMG0962

















植えるとこうなります。
DSC00938















DSC00932


































木が一本入ると一気に「お庭」になります。

あ、あとこれはほかの外構屋さんはあまりやらないのですが
RIMG0965

















強剪定を行います。
こんな太い枝、なかなか切れないですからね。
(怖くて

春がいまから楽しみですね。

高圧洗浄  (・ω・ノ)ノ

2016年8月18日

我が家のお庭をきれいにしようと、いたるところ高圧洗浄してみました。

まずは白壁です。

before
RIMG0549




















after
RIMG0569




















日差しが違うこともありますが、それなりにきれいになりました。
ただ雨だれは消えないですね。
無理に消そうとすると、漆喰がはがれてしまい、あきらめました。
もう少しこまめに洗浄するか、上から再塗装ですかね。


効果抜群だったのは石畳やテラスです。
before
RIMG0550




















after
RIMG0574




















作業中
RIMG0567




















3枚目写真の上側がまだ洗ってないほうです。
こんなにきれいになるんですね。

そのほか意外だったのが枕木と木製品(チェア)です。
高圧洗浄できれいになるんですね。

before
RIMG0565




















after
RIMG0570




















before
RIMG0561




















after
RIMG0639















枕木や木製品は一般的に経年変化でシルバーになると言われています。
私も本で読んだままに信じていました。

でもその内側はまだまだきれいなんです。

もちろんいくらかはけば立ちますのでサンドペーパーでこすらなくてはいけませんが、こんなにきれいになるのならば、洗浄しない手はありません。

枕木にケルヒャーですね。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

K邸、ほぼ完成です

2016年8月18日

6月中旬から始まったK邸の外構工事。
お盆休み前になんとか表札設置まで行いました。

RIMG0609















左手前は池になります。
地上部分60cmと地中部分60cmで1.2mの深さがあります。

玄関まではすべてスロープになっています。
曲線の壁はR沿いに下がっていく構造です。

施工難易度はかなり高めですね。

後ろから見るとこんな感じの仕上げになっています。
RIMG0603




















基本的にはすべて導線や目隠し、遠近感など機能をデザイン化したお庭になっています。

あとは大きめのジューンベリーを植えれば完成です。
良い形の木が出るのは10月後半からですので、植栽は11月ですかね。

でも木を買うのだってそう何回もあることではありません。
「これだ」という木を見つけて植えたいと思います。




我が家のシンボルツリー

2016年6月3日

我が家の一等地。
お気に入りの木が見つかるまで、空き地にしていました。
RIMG0491




































先日、ロール芝の代金を払いに植木屋さんにお伺いしたところ、ついに見つけてしまいました。
理想的な形のアオダモ。
RIMG0472















































植木屋さんの社長も一目ぼれして買ってきたそうです。
私も家の大蔵大臣(古いか?)に相談はしましたが、ほぼ即決でした。

搬入時はユニックがひっくり返りそうなくらい重かったですが、
RIMG0493




































無事に植え付け完了しました。
かなり嬉しいです。
RIMG0495




































嬉しさのあまり、夜も木を眺めに外に出てみました。
DSC00222








































自分の好きなお庭がある暮らしって、本当にすばらしいです。

この幸せをみなさんにも感じてもらえるようにお庭造りをしていきたいと強く思う1日でした。

オリーブの剪定

2016年6月3日

T邸では、少し大きめのオリーブを植えました。

オリーブ自体は樹形もよく、そのまま植えても良かったのですが、普段から剪定になれていない方はなかなか思い切った剪定ができないと思いますので、サービスで形を整えています。
剪定前。かなり立派なオリーブです。
RIMG0477




































剪定後。枝が半分くらいになったでしょうか。
ボリュームが減って寂しい感じが(写真では)しますが、実際に見てみると剪定前よりかなり形が整っています。

RIMG0481




































こんな太い枝も落とします。
RIMG0479




































剪定のコツは(オリーブに限らず)交差した部分をなくしていくことです。
当然、内側に向かって伸びている枝は落とします。

あとは交差した枝のどちらを残すかを考えていけばよいだけです。

難しく考えずに、トライ&エラーしかありません。
枝はまた出てきますしね。

↑TOP

お問い合わせ

もっと詳しく知りたい方、相談のある方はこちらへ。

  • TEL:028-616-8720
  • メールでのお問い合わせ